トイレは常に綺麗に

ウォシュレットに注意

トイレは非常に汚れやすい場所であるため、しっかりと清掃しておく必要があります。最近では、ウォシュレットが付いている洋式便器が多いです。これはペーパーの節約にもなり非常に便利ではありますが、特に注意が必要です。普段使用しているだけでは目に付かないため余り気になりませんが、ウォシュレットのノズルは非常に汚れやすい場所であるため注意が必要です。この部分を清潔にしておかないとウォシュレットから放出される水に汚れが混じり非常に不衛生です。また、ウォシュレットの使用時には、どうしても水が跳ねてしまいます。そのため、便座の裏が汚れるてしまうことが多いため、清掃の際は必ず便座の裏側の清掃を忘れないように注意が必要です。

トイレは毎日の清掃が大事

やはり、清潔な環境とは気持ちのいいものです。汚いイメージがあるトイレも毎日しっかりと清掃しておけば、気分よく使用することができます。清掃を怠れば汚れが取れにくくなるばかりかカビや尿石が蓄積し、普段の清掃では除去できない汚れとなってしまいます。小便器の場合は、便器だけでなく便器周りの床の清掃も大事です。便器内での尿石の蓄積汚れは薬剤を使用して擦れば取れますが、床に尿石の蓄積汚れが発生した場合、床材によっては傷が入る可能性があります。確かにトイレの清掃は大変ですが、毎日しっかりと清掃しておくことによって、便器や床ににシミや取れにくい汚れが発生する可能性を抑えると同時に衛生面に対しても安心ができます。